クランクブギ CRANKBOOGIE

自転車と、ブルースと、旅と。

伯州綿のシャツを作ってもらう。 受領編

(11/21)

シャツが完成したので、受取りに。職人の仲里さんからみれば「納品」ですね。車で初めて工房(ご本人は作業場と呼んでますが)に行った。前の空き地的スペースも大家さんの土地だから駐車して良いのだそうで。そちらに置かせてもらいました。

f:id:tsuru-585:20211122051144j:plain

仲里さんの工房(作業場)

f:id:tsuru-585:20211122051136j:plain

工房前の場所に駐車

f:id:tsuru-585:20211122051151j:plain

中に入ったら、自分のシャツがかかっていた。伯州綿や、シャツのメンテナンス法の話を少ししてから、いよいよ袖を通す。

軽い、ふわっとした着心地! けれど、しっかりしていて(文章にすると矛盾してるなぁ)、とても気持ちがいい。生活のいろんな動きをしてみたが、非常にスムーズ。もちろん自転車に乗ったフォームをやってみた。少し位置を高くしてもらったポケットも確認した。完璧でした。

仮縫い時に「自分の想像」を超えられたが、完成品は、また更に上に超えられた。初めてのフルオーダーシャツを仲里さんに頼んで、本当に良かった。その後はハシャギ気味の記念撮影会。モデルは59歳の男。撮影時以外はマスクを着用しています。

f:id:tsuru-585:20211122081558j:plain

アップで。生地の風合いが伝わるかな。

f:id:tsuru-585:20211122051159j:plain

襟は汚れが目立たないようにと、おしゃれのつもりで、色を変えてある

f:id:tsuru-585:20211122051206j:plain

f:id:tsuru-585:20211122051214j:plain

シャツを着た「嬉しさ」、よく出ててるよねー

f:id:tsuru-585:20211122051221j:plain

シャツの記録なんだが。この写真見て、自分が父親に似てきたなぁと思った。

f:id:tsuru-585:20211122051230j:plain

後ろ姿。両肩のタックで動きやすくなっている

f:id:tsuru-585:20211122051242j:plain

自転車に乗ったフォームをとっても、動きやすくてグッドです

f:id:tsuru-585:20211122051250j:plain

仲里さんと。

f:id:tsuru-585:20211122051122j:plain

裾をズボンの中に入れたら、こんな風。ジャケット着る時とか。

 

これから、このシャツと一緒に人生の色々な事を楽しめそうで。ちょっとワクワクしています。ありがとうございました!

f:id:tsuru-585:20211122051130j:plain

自撮り記念写真、今度はブレずに撮れました(笑)
(photo: Mr.Nakazato  thank you!)

(11/27追記)

この記事「着る人間のキモチ」と並べて、仲里さんが「作り手の視点と仕事」を自身のブログに書いてくれました。とても興味深いので、ご紹介します。

hakushumen-shirt-blog.com