読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クランクブギ CRANKBOOGIE

自転車と、ブルースと、旅と。

山下晃和さん講演@mont-bell ハーベステラス品川

「Cyclist」×「モンベル」コラボレーション企画。
「Cyclist(サイクリスト)」での記事は↓にアップされている。
http://cyclist.sanspo.com/179854


山下さんの自転車旅の講演は、今回がラスト、という事で聴きに行った。
会費2千円で、ハーベステラス品川の優しい味のガッパオと、デザートとチャイが振る舞われ、自転車旅のディープな話も聞けるという、参加者にはかなり「オイシイ」イベントだった。
サイクリスト・サンスポさん、mont-bell さん、ありがとうございます。

  


自分の席近くの参加者は、もうすぐ定年で時間ができるので自転車旅をしてみたい男性、モーターサイクルのツーリングが趣味の女性二人組。男性の方はパックツアーではホント世界中色んな場所に行っていた。山下さんは「自転車だけ」でなくてそれぞれの良さを知っているのが強みの一つだ。その他、休みを使って細切れに日本縦断している男性(こういう継続的なのは自分の性格的に無理なので素直に尊敬しちゃう)、これから東日本縦断旅に出る方等「一見普通だが一癖ある人達」が集まっていた。


山下さんファッションがさりげなくカッコイイ。スプリングコート、Tシャツ、ジーンズ、トレッキングシューズ的革靴。いやあ、普通こんなにカッコよくならないわね、さすがモデル。毎日鍛えた肉体があればこそか。


もちろん、話はやっぱ面白くて!
印象的だったのは高校時代からの盟友といったネパール旅。ビデオにもまとめられていたが、自分の気持ちをますます高められた。
経験に裏打ちされた何処に何を積むかのノウハウを目を輝かせながら熱く語る男の姿は、傍からみたら滑稽かもしれないが、益々ファンになっちまった。


講演の後半、ゲストとして世界一周自転車旅から帰って来たばかりの昼間さんが紹介された。
山下さんは若い世代にバトンを繋ごうとしているのだ。 大切な事ですよね。

昼間さんが自転車旅をしようと思ったキッカケは、小学生の頃家族といった北海道旅行で地平線の見える道路の脇の草原に、サイクリストが二人、大の字になって寝ているのを見た事なんだそうだ。凄く自由に見えて憧れたんだ、と。その話聞いただけで、この人の旅話を是非聴きたい! と思いました。


エラソーな事言いますが、自転車旅した話なら誰でもいい、って訳じゃないんだ。
人に対する、自然に対するリスペクトがある方、自由とその責任を認識している方、旅のトラブルを楽しめる方から話を聞きたいのです。


モンベルさんは様々なアウトドアイベントを各地で開催されている。これ素晴らしいと思います。
今回は「SEA TO SUMMIT」という海や湖でカヤック乗って、自転車乗って、ハイキングで頂上を目指す、というのを主体に紹介されていた。キッカケ作りや仲間ができる、ノウハウ学べるってのがいいですね。キッズ向けキャンプにセンタ誘ったけど、今のトコ乗って来なくて。もっとうまいプレゼン考えなきゃなあ。
http://event.montbell.jp/

世界一周から帰って来た、昼間岳さん




コンロ用のガソリンはダウンチューブの下に装着

世界中で入手しやすい事を考えてタイヤはMTB用26インチ                   

旅をする自転車について、サンスポさんの記事は↓
http://cyclist.sanspo.com/165112