読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クランクブギ CRANKBOOGIE

自転車と、ブルースと、旅と。

ツールドつくば 2014  ロード男子D

bicycle


スポンサー、ボランティア、実行委員会各位に御礼申し上げます。御陰様で今年も楽しかったです。


6回目にして、大会史上初の雨レース。


朝、塩さんと5時に待ち合わせ、会場に向かう。
35分かけてアップ。15分〜心拍数163rpm以上を4分維持〜15分で終了。
                      

召集地点に行くと、後ろの組でスタートするスワッチのM田さんから、「お前を抜くぞ!」宣言を戴いた(大笑)。
実は昨日受付時会った時も「今年の俺はニューバイクで走り方変えて絶好調!」宣言も戴いていたのだ。続編である。流石。
去年のタイム差から考えれば、抜かれるのが順当ですが。自分なりに今年は頑張ってるし、何とか抵抗したいとヒキツッタ笑顔で応える。


スタート地点では、フォルツァのM田選手と話したり。
でも俺、D−1組に並んでたンだな!しかも最前列。
直前に慌ててD−2組並び直したり。


で、スタート。
じっくりアップした効果はあって、苦手な不動峠で登り口でも比較的楽に上がれた。
コースは今月走ってないので所々忘れているものの、ギア選択もイイ感じ。
周りに選手がいるので、集中とぎれないし。
これは良いタイムが出るかなと思って中間の節目でチェックすると、そうでもなさそうだ。ちょっとガッカリ。まあ、いいや、とにかくずっと全力で! 限界超えるまで追い込むのが今日のテーマだ。
途中で後ろの組のトップに抜かれる。エンジン付いてるみたいに速い!
EQUA23のジャージ。って、アンタがアンダー23歳? 俺より年上やんね?!
頭に酸素が行ってないので、そんなアホな事考えたのを覚えている。
そしてこの場面で抜かれたような気がしてるンだけど、何処で抜かれたかはハッキリ憶えてないのだ。もっと先だったカモ。
後でリザルト見たら二つ後ろの組で! Dクラス優勝されてました。 凄い選手です。

不動峠は16′52″でクリア。


                        
                                〈photo: all sports〉
スカイラインに入る。
上り坂は例年より失速してないで走れているが、下り坂ではどうしてもスピードを抑えちゃう。
いいえ。社会人たるもの、ケガしないのが大前提です(単なるビビり)。
しかしM田さんがもう近くまで来てるはずだ、回せ!
ロヂャースのT末さんの努力を思い出せ!
今まで練習の成果を出すのは、今日だ!


今年はレストランひたち野看板の先から右車線に誘導するようにコーンが置いてあって、これは良かった。風返し以降右車線に入るのがスムーズに行けた。


風返し峠を過ぎ急勾配に入る、バテて来たのを感じた。
抜いたり、抜かれたり、もうよく分からんが、自己ベスト更新できないのが確実。
ウダウダ言うな(自分の頭の中で喝)、とにかく全力で! 勾配が緩くなったところでもう一段ペースアップした つもり。
ゴール! 実力は出し切ったぞ。
手元タイム、41′58″。
雨で、これなら、まあ、いいか! 何よりアノ選手に抜かれなかったし。


まず計測チップをはずし、スタッフに渡していると後ろから「だめじゃん、つるさん本気だしちゃ!」と聞きなれた声が。M田さんが笑いながら立っていた。わっ、すぐ後ろまで迫ってたのか〜、ヤバカッタナ。でも。。。 抜かれなかったもんね!


先にゴールした塩さん探すが見当たらない。うーん、じゃ、まず休憩しちゃお(自分勝手なヤツ)。
甘酒を注文していると塩さんが俺を見つけてくれた。寒かったでしょう、スンマセン。
車の鍵を渡し、先に下山してもらった。


それから自転車を預ける列に並ぶ。40分以上は待ったか。
甘酒飲んだので少しマシだが、雨で寒い。時折弱い風が吹くと震える位寒い。。。
せっかく荷物を上げてもらえるのに、ポケットのウインドブレーカーで何とかなると判断した自分を反省。
濡れた身体を拭くタオルや長袖ジャージを用意しておけば良かった。
5回の経験値に溺れていた。
こちらはなんだかんだ言って楽しく遊んでただけ。でも、大会スタッフ、ボランティアの皆さんは雨の中本当に大変だったと思う。ありがとうございました。


もう一杯甘酒飲んで、帰りのバスはM尾先輩と。人生での年齢毎の役割など、何げに深い話をする。
下山後、初めて表彰式に出ずに帰って、取手市BIG SMILEのダブルバーガーで打ち上げ。


今年のお土産は、北条商店街、エクレール林屋さんのブランデーケーキ
(お酒が強く効いてるので、お子様にはカステラなど別製品をどうぞ)
                        


結果   ロード男子 Dクラス 50歳以上
     34位/99名(エントリー148名)
タイム  41分41秒(Dクラス優勝 32′26″、エキスパート優勝27′57″) 
距離   11.6キロ 平沢官衙遺跡(大池)〜不動峠〜つつじヶ丘
       不動峠;16分52秒、 〜つつじヶ丘;23分46秒 
ケイデンス  平均72/最大133
速度   平均16.6キロ/最大44.4キロ
心拍数   平均167/最大175
パワー 平均155/最大457
左右バランス L/R 26/74
上昇  545m
機材  フレーム:LOOK585、ホイール:カンパニョーロユーラス、タイヤ:ミシュランプロ4レース ギア:前53×38 後12〜27

体重56.3キロ
体脂肪率17.0%
睡眠7時間


走行距離  31.6キロ


○ツール・ド・つくば 記録 
第1回(2009年)  26位 40分12秒(順位は40歳以上クラス)
第2回(2010年) 109位 44分12秒(40歳以上クラス)
第3回(2011年)  87位 41分00秒(40歳以上クラス)
第4回(2012年)  30位 41分57秒(50歳代クラス)
第5回(2013年)  43位 40分48秒(50歳以上クラス)
第6回(2014年)  34位 41分41秒(50歳以上クラス)


不動峠 記録
2014年目標 自己ベスト更新
自己ベスト ; 15′51″(2009/8/2)
2013年ベスト; 16′26″(2013/6/23 ツールドつくば)
2014年ベスト; 16′52″ (2014/6/22 ツールドつくば)



今月252.4キロ