読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クランクブギ CRANKBOOGIE

自転車と、ブルースと、旅と。

james cotton ジェイムズ・コットン@marunouchi

blues

丸の内のコットン・クラブにて

james cotton(hca)
darrel nulisch(vo)
tom holland(g)
noel neal(b)
jerry porter(ds)


御年78歳。
前回の来日より、さすがに年を重ねた感はありましたね。
ステージの袖から中央の椅子まで歩くの辛そうだったし。
でも、リラックスしたショウはとても楽しかった。
前から3席目だったので茶目っ気たっぷりの目の動きや表情が良く見えた。彼自身も楽しんでいた。ハープは皆サイドルでした。


ヴォーカルのダリルも良かったな。
肩の力が抜けた、伸びのび、リラックスした感じが気に入った。mojo working とsweet home chicagoは"お約束の"観客皆で合唱タイム。(はんちんぐ隊の皆さんは席でハープ吹いてるんじゃないかと思わず振り返った)


ダリルとは喫煙所で話す機会があったんだけど、気さくな方でした。釣りが趣味だそうです。

http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artist/james-cotton/


同じ席になったN沢さんは、名古屋のブルース・ハープ吹きでファーストもセカンドも両方出席。
その気持ち、分かるなあ。