読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クランクブギ CRANKBOOGIE

自転車と、ブルースと、旅と。

旅のスワヒリ語 

Kiswahili Cha Safari C.P.C.出版


アフリカ東部のケニアやタンザニアで話されている言葉。
買ったのはケニアに行く前だから、88年か89年。
旅行会社、道祖神経由だったと思う。カセットテープ付きだ。


こんにちは Jambo!
どうもありがとう Asante sana.
さようなら Kwa heri


このテキスト、会話例が旅行者にムッチャ実践的というか、既に旅行しているような、楽しさがある。そこが良くて、ずっと持っている。

ちょっと引用させてもらうと、


(キミ)キスムに行きたいのですが、バスはどこからでていますか。
(アフリカン)バスはないよ。
(キ)どうやって行けばいいのですか。
(ア)キスム行きの車に乗りなさい。
(キ)どこで待てばいいのですか。
(ア)その辺さ。


車を見つけると〜
(キ)キスムに行くのだけど、乗せてくれないですか。
(ア)いいよ。荷おろしを手伝ってくれるのなら、荷台の上に乗せてやるよ。


てなぐあい。
どうです、自分が市場の周りにいるような気がしませんか?


他にも警察での会話例では、

(キミ)公園で強盗に襲われてバッグを盗られました。すぐ、捕まえてください。
(アフリカン)いや、もういないでしょう。無駄ですよ。
(キ)バッグは戻ってきませんか。
(ア)もう、二度と夕方公園に行かないことです。

それからいろいろ状況説明の会話例があって・・・


(キ)どうぞこの盗難保険の紙に証明してください。


って、オチまでついてんねん。 



旅行するなら、「おはよう」「こんにちは」「ありがとう」 1,2、3 位は土地の言葉を覚えていった方がいいのは、皆さんご存知の通り。
自分は旅行する国や地域の人々に対する礼儀だとも思っている。
その一言で、ずいぶん親切にしてもらえるし、ね。




あ、この単語も覚えていった方がいいかもよ。

Nisaidieni! たすけて!




『おそれずに。  しかし、気をつけて』
by 沢木耕太郎



いつか、また、 訪れたい。